TOP

ストレスたまったら風俗体験談を読んでお店で発散!

この女にはひたすらフェラチオをさせておいてあごの筋肉を崩壊させたやった。

K駅を出て繁華街に入るとすぐに看板が目に入りわかりやすいところにピンサロがあります。 午前中早い時間帯だったので通行人も少なく、他の店も気になったけど入りやすそうな感じだったので決めました。 地下一階を下りるとスタッフが出てきて親切な接客で迎えてくれました。 2千円払ってフロアに案内されると店内は結構明るい感じで低いじめっとしたソファーで待つこと5分で一人目のピンサロ嬢の登場です。丁寧な挨拶でなんか僕の事知ってるような素振りでK岩は初めて?と聞かれ先月は他の店に行ったと素直に告白。テクニックは申し分ないです。一人目でいきなり、気持ちよく精液どぴゅっと発射。最後に女の子の名前を教えてくれてまた来てねだって。 2人目の女の子は目の前で接客してたぽっちゃりブタ女・・入った時から目に付いてたので当たらないといいなって思ったんですけど3人の花びら大回転だったら一人は必ずカス女の子をかましてくるからむしろ真ん中でよかったと前向きに考える。この女にはひたすらフェラチオをさせておいてあごの筋肉を崩壊させたやった。


人妻の許容範囲

人妻って旦那さんという相手がいるから、かなりの数を経験しており、その中で色々なプレーをしているはずだから、若い女の子はちょっとって思うようなプレーもそれなりに経験しているはずと勝手に思っているのだが、それが間違いであるか突然試してみたくなり、西F橋にある人妻系の性感ヘルスで30代中盤のエロさが溢れる人妻を指名してみた。やってきた女の子は落ち着いた雰囲気であるものの、結構な経験があるような雰囲気であるように思えた。シャワーを浴びて早速プレーを開始し、こちらから責めてみる。始めはありきたいのプレーで責め、徐々に許容範囲を確かめるためにプレーの幅を広げてみる。まずは、四つん這いにしてアナルがよく見える状態でのアナル舐めをしてみる。若い女の子なら慣れておらず、くすぐったいだけだろうが、そこはさすがの人妻で、アナルも経験があるようで、アナル舐めで絶頂に達してしまった。アナルファックもしてみたかったが、オプション料金を用意しておらず、断念せざるを得なかった。次はもっとアナルを責めてみたい。